めんどくさい事にはやる気が出ない!誰でもそうですが放置してても良くはなりませんよ?の解決策!

こんにちは。

面倒くさいことを目の前にしてやる気が出ないとき、

ありますよね。

私も会社員時代のの予期せぬ仕事は

後回し&見送りの連続でした。笑

しかし面倒なことほど

やり過ごせないことが多いのではないのでしょうか。

そんなときこそ、勢いで!かつ慎重に解決してしまいましょう。

早速表題の件ですが

取り掛かるまでにこれをやってください。

1.一旦休憩する

2.最短距離を考える

3.紙に起こす

これらをやるだけで勢いが違います。

基本的なことの組み合わせに過ぎないのですが

このルーティン

意識づけることで

「ウォーーーーーーー!」って

奮い立たせるんです。

1.一旦休憩する

気がすすまないことをやり始めること自体に

結構なエネルギーが必要になります。

重い腰をあげるとは、よく言ったものです。

(すこし意味が違うか。)

なのでまず、少しの間休憩して他の作業をしない時間を作ってください。

2.最短距離を考える

一旦休憩の延長で

なんなら同じ体勢で

課題を最短距離で対処する道筋を立ててください。

全体像を意識して、手順を考え、

無駄と重複がないか徹底的に考えてください。

それだけに集中してください。

エクセル作業の場合

どのタイミングで

どのようにフィルターをかけるか

それによって誤ってフィルタリングしてしまう項目がないか

サムイフ関数など複合的な関数で片付けられないか

など様々な手段、手順を考えてください。

気がすすまない仕事において

もっとも勢いがなくなるのは

ミスを修正したり、やり直すときです。

抜け・モレ・重複がないことだけで

精神的なダメージが全く違います。

3.紙に起こす

まぁそのままなんですが、

先ほど考え、練りに練った最短距離を

紙に起こしてください。

そのときに、注意点を紙に書いて置くといいですね!

どうしても一筋縄ではさばけないことはあるので

それを

これ以上、作業を省けるところがないと思ったところで

すぐ取り掛かります。

この、最短距離を考えて「これだ!!」っていう

ちょっとしたスッキリ感で実行に移してしまうのです。

全体像がわかっていても初めてやる作業だったり、

作業内容でモレや、想定外のことが起きたら

効率が悪くてもいいので、見つけたときに片付けてください。

とにかく条件を揃えて次のステップに進むことを意識してください。

これだけです。

途中で別件が入っても…

最短の手順を考えて勢いでやり始めているので

終わっていないことにモヤモヤして仕方がないのです。

勢いで早く終わらせたいあまり、

自分の中で優先度が高いはずですから。

ぜひ、試してみてください。

なぜこれが効果的と言えるのか。

面倒で嫌な仕事は誰もやりたくありません。

しかし、これを

嫌なことをやっている、やらされていると考えていては

最善を尽くすという手段にもたどり着かず、

ダラダラと作業し続けるか後回しするかのどちらかです。

面倒な仕事の誤字脱字などの確認作業ほど

苦痛かつ不確実なものはありません。

そんなネガティブさに焦点をあわせるのではなく、

さっさと終わらせたい、ポジティブな姿勢に変換しましょう。

完璧を目指すな、まず終わらせろ。

好きなことはいくらでも凝ればいいんです。

しかし嫌いなことはまず、終わらせる。

こっちの方が精神衛生的にも

健康的ではないでしょうか。

今日はこの辺で。


未分類
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント