分かりやすい人は好かれやすく、会話が続きやすく、覚えられやすい!

中学校の卒業式で、

ある先生から頂いた言葉なのですが

「美しいものを美しいと言える大人になりなさい。」

当時、競争心が強かった私には

嫉妬心から、その美しさを認めない大人にはなるなよ

って意味かと思いました

今日この頃の佐藤です。

この話の続きは最後に。

早速表題の件ですが

学生時代

アルバイトで販売をしていて

経験から学んだことは

ポジティブな感情を出す人は好かれやすい。

露骨な人ではありませんよ?

不機嫌は他人に移りますからね。

私のいう、わかりやすい人とは

一次感情を伝える人のことです。

一次感情とは

私は心理学者ではないので厳密に定義から説明するのは避けます。

人間の感情には2種類あります。

その1つが一次感情。

考える間も無く即座に出てくる感情のこと。

不満だったり、怒り、喜びなどの率直な感情のことです。

2つ目が二次感情。

これは先ほどの一次感情に対する感情です。

例えば喜びを露わにしてしまって恥ずかしくなったときの

恥ずかしさこそが二次感情です。

友人に嫌がらせをされて、怒ったことに対して

申し訳なさを感じたのであれば

怒りが一次感情で、後悔が二次感情です。

この一次感情の中でも、

ポジティブなことを口にすることは

自分の精神衛生上にも、そしてそれに関わる相手にも

良いことです。

自分に嘘をつかなくても。

よく店員に覚えられやすい私なのですが

頻繁に脚を運ぶお店で覚えられるのは誰でも納得できるのですが

一度行ったことがあるお店に再び行くと

大概前回いつ来たか、何を喋ったか

何を見ていたかを覚えられていることが多いんですよね。

理由を聞いてみると

印象的らしいんです。

とあるお店でシャツを選んだときに

素直に良いと思い、購入して

私が「幸せだー!」って言った途端、

店員さんに笑われまして

前回、カバンを買った時も同じ事を言っていたらしく、

それが印象的だったそうです。

しかもこれがこの店だけではないんですよね。

私自身、無意識だったのですが

これだったんですよね。

単純に商品見て「いいな」「たまらん!」って思ったり

「良い商品に出会えて幸せ」って思ったことを

口にする。

自分の中で言語化できていないだから

人に言われないと気づかないし、意識さえしてませんでした。

特に営業や販売の時にも

「これ、興奮しません?」って言っているので

お陰で結果もよかったのだな。と少し納得しました。

先生の言葉

「美しいものを美しいと言える大人になりなさい。」

これは決して嫉妬心や競争ではなくて

素直に思ったことを隠さず、本心で生きなさい

という風にも解釈できるんですよね。

ジョン・スチュアート・ミル

「自分の本性にしたがわないようにしていると、

したがうべき本性が自分の中から無くなる。

人間としての能力は衰えはたらかなくなる。

強い願望も素朴な喜びも持てなくなり、

自分で育み、自分自身のものだと言えるような

意見も感情も持たない人間となる」

そんなつまらない人間にならないように、という

教訓なのかと腑に落ちました。

今日はこの辺で。


未分類
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント