常識が正しいとは限らない。説明できないことは理解できるまで調べろ考えろ。

未分類
あるニワトリ小屋で、飼育員が毎日、
エサを決まった時間に同じ量だけを与えていた。
飼育員は、非常に几帳面な性格だったらしく、
何年間も正確に同じことをしていた。
さて、小屋の中のニワトリたちは、なぜ、
毎日 同じ時間に 同じ量のエサが放り込まれるのか、
その原理や仕組みをまったく想像しようもなかった。が、とにかく、
毎日、決まった時間に同じことがおきるのだ。
いつしか、ニワトリたちは、それが「確実に起きること」だと認識し、
物理法則として理論化しはじめた。
そして、その確実な理論から、関連する法則を次々と導き出していき、
重さや時間の単位も、エサの分配についての経済や政治の理論もすべて、
毎日放り込まれるエサを基準にして行われた。
それは妥当なモノの考え方だ。
だって、それは「確実に起きること」「絶対的な物理法則」なのだから。
しかし、ある日、ヒネクレモノのニワトリがこう言った。
「でも、そんなの、明日も同じことが起きるとは限らないんじゃないの?」
そんなことを言うニワトリは、他のニワトリたちから袋叩きにあう。
「ばぁーか、なに言ってんだよ。いいか?
この現象はな、この世界ができてから、ずーっと続いているんだよ。
何十代も前のじいさんが書いた歴史書を読んでみろよ。
それからな、この現象をもとにして書かれた理論、学術論文を ちゃんと読んでみろよ。
みんな、矛盾なく成り立っているだろ?
それに、実験による確認だって、きちんとされているんだよ!
それを何の根拠もなく疑うなんてな。そういう無知から、
疑似科学やオカルトが始まるんだ。おまえは、もっと勉強した方がいいぞ」
しかし、ある日、不況の煽りをうけ長年働いた飼育員がリストラとなり、
ニワトリへのエサやりは、ズボラなアルバイトの役目となった。
次の日、ニワトリたちが、何十代もかけて構築した科学のすべては吹っ飛んだ。

これ、有名なコピペなのですが、
すっごい好きなんですよね。
「あるニワトリ小屋で、飼育員が毎日、エサを決まった」で検索すると
疑似科学やオカルトや学問のあり方についての記述が多いですが、

これってすごく身近なところで起きえる話なんです。

仕事で先輩に質問したら

「とにかく、こうなるんだよ。そう覚えろ。」

とか

「いちいち、細かいこと気にするな。」って言われたことありません?

そんな知識で仕事してたら、まさしく

◯◯さえすればいいパターンに当てはまりますよね。

(参考:◯◯さえしておけばいい。これ、やめろ

常識・非常識

会社の常識は、世間の非常識かもしれないということです。

このニワトリ小屋での餌の時間と量が与えられることが

会社の常識といったところでしょう。

会社でコンプライアンス違反があっても

「うちの会社ではこうだから。」

なんていうセリフが想像つくのではないでしょうか。

これ、「うちのニワトリ小屋はこうだから。」

に言い換えれますよね。なんだか可愛い。

会社<社会ですから

会社の常識<社会の常識です。

会社の常識だからと言って社会の常識ではないのです。

それが常識がルールともなれば

社会のルール、つまり法律ですよね。

会社の規定に違和感を感じる人が

ヒネクレモノのニワトリです。

そっからの罵詈雑言は

現実には間違いなく

・変わり者

・協調性のない人

・大人になれない人

・社会不適合者

というレッテルでしょう。

これこそ、多数決の原理にある少数派の権利が

尊重されていない状態です。

少数派であるヒネクレモノが

疑問に感じたことに対して

間違いのないことであれば

説明ができるはずです

説明できない状態にもかかわらず、疑いもしない状態を

ジョン・スチュアート・ミルは自由論で

世間一般の無謬性と呼んでいる。

このような少数派の意見に耳を傾けないのは

民主主義の根幹を理解していないどころか

自由をも踏みにじることになりかねない。

どうですか?

自分が当たり前だと思っていることに

足元をすくわれるんじゃないかと

不安になりません?

そうなったら考え過ぎと言われるまで

考えましょう、調べましょう。

常識が正しいとは限りません。

今までずっとそうだったからといって

これからも変化なく続く根拠もありません。

確かなこと、説明がつくことを

一つ一つ積み上げていくしかありませんから。

説明つかないことや根性論は個人的に利用し、

それを人に押し付けないことが大切ですね。

意識高いなぁーって?

違いますよ

あなたの意識が低いだけです。

今日はこの辺で


未分類
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント