社会人なら知っておきたい。給料・賃金って何の対価?給料が安いのはなぜ?の佐藤的見解

未分類

昨日マナーや素行が悪いことについてお話ししましたが

(参考:マナーが悪いだとか、品がないだとかっていうのは自分の体力の問題だと思うっていう、つぶやき。

最近やたらとマナーの悪いサラリーマンが目につくんですよね。

私自身、勤めていた会社や取引先の上司を見て

かっこいいとも、尊敬できるとも思わなかったので

こうしてフリーランスで生活しているわけですが

自分もあんな感じだったのかと思うとゾッとします。

大多数とは違うことをして、違う立場にいるからこそ

わかったことを書いていきます。

早速表題の件ですが

マナーや品の良さと給料は比例すると思います。

マナーが悪い

→良心が弱っている

→身体が弱っている

→余裕がない(金銭的にも体力的にも)

→マナーが悪い

この悪循環がやばい。

給料というのは

私がよく用いる2つの理論なのですが

・労働に用いた体力(労働力)を回復するために必要な対価

・会社が個人に期待している生産性に対する対価

所得・給料・賃金については経済学的にも解釈がさまざまありますが

抽象的に、大まかに説明できる理論としては

この2つがもっとも当てはまるでしょう。

・労働に用いた体力(労働力)を回復するために必要な対価

これはマルクス経済の見解なのですが

雇う側と雇われる側はの違いは

生産手段を持っているか持っていないかが最大のポイントです。

言い換えれば稼ぐノウハウを知っているか、知らないかなんです。

稼ぐノウハウを知っていれば、それを人にやらせておけば

自分が働かなくても収入があるわけですからね。

ノウハウを知らない人が提供できるものは

自分の体力と時間だけでしょう。

雇う側の人に自分の体力と時間を提供し、

その対価として給料があると考えると

その労働時間で失われた体力を養えるだけの給料を持たないと

過労死してしまいますよね。

1日ヘトヘトになるまで働いても、その対価

バナナ1本だったら痩せこけるどころじゃないですよね。

その1日で失った体力を取り戻すだけの生活ができるような対価こそ

給料であると言えます。

雇う側もそれだけは支払わないと、

自分の代わりに働いてくれる人が減るわけですから

継続性に欠け、儲けられなくなります。

かくして給料とは労働力の回復に必要な金額と言えるという考えが1つ。

会社が個人に期待している生産性に対する対価

基本的に仕事ができればできるほど

高い給料が支払われるべきです

他人に仕事を頼めば頼むほど費用がかかるのと同じです。

あなたがどれだけの売上と利益をもたらすかを考えて

それに見合った報酬を渡すといのがこの理論です。

これは雇う側、雇われる側の

パワーバランスを考慮した考えです。

だからあなたがどれだけ良い成績・結果をだそうと

雇う側が不十分だと判断したら給料は上がらないんです。

つまりあなたは自分が思っている以上に

今の給与より多く支払う価値がある仕事をしていないということなんです

もちろん、終身雇用の意識が強い日本では

当てはまりにくい考えだと思われがちですが

終身雇用と新卒者一斉採用を行なっているならば

同期はみんな一斉に上がっていき、

重役や役員になる以外差がつかないのが基本です。

思い返して見てください。

これがしっかり当てはまっている会社ってあるのでしょうか

雇われる側には実力主義を求め、

雇う側は全体主義を採用している。

こんなねじれの関係があるのではないでしょうか。

だから給与は上がりにくいのです。

現に会社員の平均年収は下がり続けていますしね。

だから残業してでも結果を残そうだなんて…

こうして社畜を生み、自分の時間を失い

体力を削り、会社に尽くしたという正義感を誇示します。

雇う側からしたら

追加報酬を支払わなくても働いてくれるなんて好条件ないですからね。

結果昇給に繋がりにくいです。

それで昇給につながったらいい会社じゃありませんか

そうではない会社が多いから困ってるんです。

余分に働き、疲弊して、余裕をなくして

帰りの電車で足を組み、無駄に席を潰したり、

店員に横柄な態度をとったり、

苦労自慢を武器に部下に社畜精神を求める。

こんな大人がカッコいいわけない。

マナーが悪ければ一緒に仕事もしたくない。

そんな人にチャンスが巡ってくるわけがない。

そんな人ばかりの会社が生き残れるとは思えません

大げさではありますが、

これが今日の日本社会なのかなってっていうのを最近実感しています。

つまり良心が弱る原因を突き止めることで

正しいことを行い、マナーある人であり続けることができるのです。

そのための自分のメンタルのメンテナンスが大切で

社畜文化が蔓延している今日では

かっこよくない大人の教えを聞いていても

自分もそうなるだけです。
意識高くいきましょうよ。
今日はこのへんで


未分類
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント