何かを始めようとしても才能がないからって嘆いたことある人へ。大人になって才能に気づいても悲しいよ?

未分類

いやー昨日の宣言から1日が経ってしまいましたが

みなさん、少しでも前進できましたか?

ちなみに、私は

高校時代使っていた英語の教材の音声データをiPadに入れましたよ!

その音声データを聞き流しながら、口ずさみながら通勤してますよ!

中国語講座の動画を見ながら夜ご飯を食べましたよ!

音楽の勉強のために、ある限定品のノートをAmazonでポチりましたよ!

くらいですかね。

なにが面白いかって、

昨日宣言したから焦りを感じて、

朝の目覚めがすばやい。

あの寝起きの悪い佐藤がぱっちりと。

変化を加えるってやっぱりすごいですね。

面白い。自分でも笑える。

早速表題の件ですが

昨日の記事で少しでも焦りを感じて、

やる(やりたい)ことリストをまとめようとすると

大概の人が直面するメンタルの問題があります。

「やっぱりわたしには才能がないから、できっこないや。」

っていうや〜つ。

直面したことない人や、直面してから一度も先に進めない人こそ

ネガティブに自己嫌悪に陥っていくんですよね。

もう、その悪循環、何周目だよ!

って言ってあげたい。

仮に才能に今更気づいてしまったら

気づいてなかった今までの人生の喪失感が尋常じゃないんです。笑

その才能を幼い頃から気づき、発揮できてたら

現状とは全く違う人生を歩めたのかもしれないですから。

安心してください。それはあなただけではありませんから。

才能に気づかなかった人だらけですから安心してください。

だから自分は才能の持ち主ではないんだから

地道にその道を歩んでくしかないんだなと、開き直った方がいいです。

天才しか参加できないコンテンツなんて、そう出会うものではありませんからね。

(参考:落ち込んでいる人に読んでほしい。仕事がしんどく、嫌になったら考え直してほしいことについて。

一年があっという間に…

昨日の内容にも近いことですが

歳をとると、一年過ぎ去っていくのがあっという間だって

よく耳にしますよね。

これは歳を重ねていくことで、

全く経験がないことや、真新しいことに出会わなくなって

人生がマンネリ化していくことで感じるっていう見解が一般的です。

だから経験が少なく、見るもの全てが新鮮な幼い頃って

1日はあっという間終わるけど、一年は長く感じるんですよね。

これに毒を吐くならば

どれだけ歳を重ねて大人になろうと

知らないものは絶対に存在しますし

表面的にしか知らないことなんて山ほどあるにも関わらず

深みのない「知っている」で物事を見過ごしているだけなんです。

表面しか知らない知ったかぶりといったところでしょうか。

(会話で人と話を合わせるには必要ですが…)

だから、表面的なこともわからない幼い頃は好奇心が旺盛なんですよね。

こんな大人で社会は溢れかえっていると最近感じます。

話や責任の濁し方ばかり覚えて、核心を掴もうとはしないような大人。

そんなかっこ悪い大人にはなりたくありませんよね。

だから今からでも地道にできることを増やしていくしかないんですよ。

地道に歩んでいくしかないんです。

よく10000時間の法則などありますが

積み重ねていけばそのうち、周りの人が

「あの人は才能があった」って言い出しますから。

って元ピアノ弾きが申し上げます。笑

今日はこの辺で。


未分類
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント