黒ビールにジンジャーエールが意外とおいしい。ギネスビールが苦手でも飲みやすいシャンディーガフ

スポンサーリンク
お酒

お疲れ様です。

ここ最近気温が上がってきて

夜風が気持ちい季節になりました。

テラスにでも座ってビールでも飲みたいところですが

テラスの目の前が某有名ディスカウントショップなので

風情もクソもないので

結局PCに向かいてタイピングしながらの

晩酌を過ごす今日この頃の佐藤です。

うーん、結局仕事するのね。笑

スポンサーリンク

早速表題の件ですが

ブラックシャンディーガフというのをご存知でしょうか。

シャンディーガフといえば

黄色いビールにジンジャーエールを混ぜたビアカクテルを指しますよね。

そのビールを黒ビールに変えたビアカクテルを

ブラックシャンディーガフといいます。

少し濃厚で、クリーミーな味になり

ギネスビールが苦手な人でも飲みやすくなります。

威圧感ね。

今日はブラックシャンディーガフを

家で作ってみようという企画でございます!

正直、ビールってお店で用意してあるような

サーバーから注ぐのと

缶からグラスに注ぐのでは

味が全然ちがうので

今日は4パターンの作り方で

比較してみたいと思います!

用意したものはサムネイルの通り

ウィルキンソンのジンジャーエール ドライタイプと

缶のギネスビールです!

まずは目分量で作ってみる。

家でカクテル作るときに分量を量ってまで

作らないですよね。

自分で味の調節がしやすいように

目分量で作ってみます!

右:ジンジャーエールを先に注ぐ

左:ギネスビールを先に注ぐ

この2パターンをまずは比較してみます。

img_1423

同じ細さ、高さのグラスに

泡も含め、だいたい同じだけ注ぎました。

右のジンジャーエールは瞬間的に泡が盛り上がり

すぐ静まります。

対して左のギネスビールはもくもくと泡をたてて

img_1424

静まるまで時間がかかります。

この泡がギネスのおいしい部分なので

許してさし上げましょう。笑

ギネスの泡が落ち着いたところで

右にはギネスビールを

左にはジンジャーエールを

両方が同じ高さになるまで注ぎます。

img_1428

右のジンジャーエールからのギネスビールの順番だと

わりとすんなり注げるのですが

左のギネスビールからのジンジャーエールを注ぐと

ジンジャーエールの瞬発的な細かい泡立ちが

ギネスビールの泡立ちと組み合わさって

いっきに泡の層ができあがります。

これがまた濃密で、なかなか静まらないんです。

img_1426

これがだいたい、1分経過したくらいの様子。

泡が全然なくならない。

一応はだいたい同じ高さまで注いだので

この状態で飲んでみます。

img_1430

泡の堅さがわかりやすいですよね。

飲んでると泡がそのまま下にスライドしていく。笑

流氷みたいですよ。

右のジンジャーエールからのギネスビールのほうは

一口目からあっさりしていて

均一にお酒が混ざった感じでした。

対して左のギネスビールからのジンジャーエールのほうは

泡でごまかされていたせいか

ほぼギネスビール。ほんのりジンジャーって感じ。

正直、泡が堅すぎてあんまりおいしくない。

やりなおし!

だいたいで分量を量って作ってみる

img_1432

グラスにジンジャーエールとギネスを

だいたい同じ量だけ用意します。

目分量でつくった時と同じように

右がジンジャーエールからのギネスビール、

左がギネスビールからのジンジャーエールの順で注ぎます。

img_1434

大体同じ反応がおきました。

きっとグラスからのグラスに注いでいるので

泡が立ちやすくなってしまったのでしょう。

img_1436-1

この泡の堅さよ。ここがおいしいんです。笑

それに。表面張力どころの問題じゃない。笑

コック帽かぶってみるみたいで、かわいい。

右のジンジャーエールからのギネスビールだと

目分量で作ったときと同じように

均一に混ざって味が平たい感じがします。

対して左のギネスビールからのジンジャーエールは

ギネスの泡にジンジャーエールの味がして

泡がおいしい。泡もしっかりしているので

泡を食べてる感じ。

飲んでいくにつれ徐々にギネスの味が濃くなっていき

立体感のある飲みごたえ。

こうして徐々にギネスビールが飲めるようになっていくんでしょうね。笑

いかがでしたでしょうか!

一般的な黄色いビールで作るシャンディーガフも

基本的にはビールとジンジャーエールの割合は1対1。

ブラックシャンディーガフを初めて作るなら

まずはこの1対1またはジンジャーエール少し多めで

試してみるといいですね。

同じ分量だけ用意してジンジャーエールは

なるべく、泡立てないように

コップに沿わせて注いでください!

そうするとジンジャーエール味の泡がおいしく楽しめます。

ぜひ、みなさんもお家で、しゃれたお酒飲みたいときや

ホームパーティーするときにぜひ試してみて下さい!

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!


お酒
スポンサーリンク
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント