国内外のセイコー5を徹底比較!こんなにも違う5つのポイント

スポンサーリンク
時計

お疲れ様です。

本業で振り回され続けて

予定が立てられない

今日この頃の佐藤です。

はよ引継ぎ終わって欲しい。

早速表題の件ですが

2019年9月、約50年ぶりに日本で再展開されました

セイコー5スポーツですが

セイコーに詳しい人なら、一目見て

『思いっきりブラックボーイやないかい!』

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

それもそのはず。

アマゾンの商品画像ですが

パッと見、違いがわからないですよね。

今日はこの2つのセイコー5を徹底的に比較していきます!

スポンサーリンク

比較品番について

今日比較するのは

  • SKX007J
  • SRPD55K

以上の2つです。

どちらも海外市場向けの品番です。

『え?国内のセイコー5スポーツは日本製じゃないの?』

って思われた方、お目が高い。

そうなんです。国内正規品のセイコー5スポーツは

しっかり日本製なんです。

品番も全く違うSBSA005。

少しセイコーの品番に詳しい方ならわかるのですが

プレサージュシリーズに似た品番なんです。

プレサージュシリーズはSARB〇〇○っていう品番が多いですよね。

品番の各アルファベットを一つずつズラしたようになってますもんね。

一方海外版は並行輸入品で

品番はSRPD 55です。これは私のお気に入りのセイコーオートマティックシリーズの

海外用の品番なんです。

かの有名なセイコー タートルシリーズもSRPCなどから始まります。

SEIKO5だけが海外モデルじゃない!コスパ最強SRPシリーズがお買い得!
お疲れ様です。私自身、ハイブランドってあんまり興味なくて普段身に着けるモノなら売価30000円以内でなんとかなるって思ってます。普段身に着けるモノであればですよ?そんな普段使いとスペックと値段を考慮しておすすめな機械式時計を今日紹介します!...

国内版セイコー5スポーツの、海外市場向け品番です。

ややこしいですね。

この2つに関しては生産国が違うだけで

スペックやモデル自体は同じです。

今日はこの海外品番を代用します。

5つの違い

さて肝心な違いですがセイコー5だけに5つの違いを紹介します。

  • 防水性
  • ローター
  • ムーブメント
  • ベゼルインサート
  • インデックス

この画像だけ見ると

『そんなに違いあるか?』

って思われますよね。

ドアップで違いを紹介します!

防水性

時計マニアにとってこの違いは本当にデカい。

本家SKX007はダイバーズウォッチなのでもちろん

200m防水

リューズと巻芯の間から水が入らないように

ねじ込みリューズになってます。

しかし新家SRPD 55はなんと

100m防水

ダイバーズウォッチではないんです。

ダイバーズ風ウォッチなんです。

裏蓋を見てみましょう。

本家SKX007はダイバーズウォッチなので

裏蓋までステンレス。

新家SRPD 55は100m防水でダイバーズウォッチではないので

裏蓋がスケルトンなんです。

この防水性では水中を耐えろとは言いにくいですね。

ここが今回国内で再展開された理由なんです。

最後にその理由を書きますね。

ローター

先ほどの画像ではローターは見えませんよね。

なので同じSKX007Jとムーブメントを搭載した海外市場のセイコー5を引き合いにします。

本家セイコー5はローターには刻印しかないんです。

新家セイコー5スポーツにはロゴマークまで入れて墨入れしてあります。

ちなみに、プレサージュシリーズの一部モデルは

ローターのみ金メッキが施されています。

ムーブメント

海外製品のセイコー5といえば

今日では珍しい

  • 手巻き機能なし
  • 秒針停止機能なし

つまりは自動巻オンリーの7Sシリーズというムーブメントでした。

これは約50年前に売っていた頃とほぼ同じムーブメントです。

新家セイコー5スポーツは

  • 手巻き機能つき
  • 秒針停止機能つき

中堅ムーブメント4Rシリーズが搭載されています。

これは元々プレサージュシリーズに搭載されていたムーブメントで

2018年ごろから海外市場のセイコー5シリーズにも搭載されるようになりました。

ベゼルインサート

見た目において、これが最大の違いでしょう。

本家SKX007Jにはベゼルインサート(逆回転防止ベゼルの印刷部分)は

1分単位に目盛りが記されています。

一方新家SRPD 55には4時位置までは1分単位の目盛りですが

それ以降は5分単位でしか記されていません。

シンプルで洗礼されていますが

ダイバーズウォッチなどのスポーツウォッチは

ごちゃごちゃしてるからこそ

かっこいいという価値観もあるので

これはなんとも言えませんね!

皆さん、ここまで読んで薄々気づいていると思いますが

佐藤は本家SKX007Jが好きです。

インデックス

これに気づかれる方は

相当時計を見慣れている方だと存じます。

わかる人にわかる。わからない人からはどーでもいいポイントです。

この違い、わかりますか?

両方とも蓄光塗料が塗られているので

直射日光下から、蛍光灯程度の明るさの部屋に入ると

インデックスがめちゃくちゃ緑色に光ってます。

新家SRPD 55のインデックスの方が

膨らみが大きくないですか?

相当、塗料でインク盛り盛りにしたんでしょうね。

もしくは固形のインデックスを埋め込んであるか。

とにかく、新家SRPD55は盛り盛りなんです。

以上5つの違いでした!

なぜ日本でセイコー5スポーツが再展開されたのか

スマートフォンやアップルウォッチの台頭により

ここ10年ほど時計業界では

若者の時計離れが深刻な問題でした。

最近の調査だと20~60歳の男性で

腕時計をつける人は48.2%と、

腕時計をつけない人の方が多いんです。

特に日本では電波ソーラーを好む傾向にあるので

機械式の時計はどんどん追いやられています。

しかしよく見てみると

仕事用の時計というと

セイコー アストロンやカシオ オシアナスやTHE CITIZENなど

様々有名シリーズが上がりますが

カジュアルでつけるとなると、多くの方は

G-SHOCK以外知らないんじゃないでしょうか。

そこで今回セイコーは

HIP HOPやブレイクダンスなどのダンサーやイベントや大会に協賛し

ストリートカルチャーに目をつけ

若年層向けに色を豊富にすることで

自分らしいスタイルを表現することをテーマに

セイコー5スポーツが再展開されました。

事実、非公式で社外品のパーツが売られていたりと

パーツの作りが簡単であることから

ブラックボーイシリーズの再展開に踏み出したのでしょう。

ジョジョやストリートファイターなどとコラボすることで

若年層のみならず30代40代も包括的に市場に取り込もうとしているのでしょう。

ここまではオフィシャルサイトからも読み取れますね。

防水性の部分で言いかけていたんですが

防水性のようは捨てて、

不便な自動巻だけのムーブメントではなく、

手巻き機能つきのムーブメントで統一して

余ったコストでデザインや色展開を豊富にするといった感じでしょう。

なので私のようなウォッチカスタマイズを趣味にしている者は

セイコーの製品の動向を見て

まだ発売されていない雰囲気を追い求めていこうと思います。

自分らしい時計じゃなくて

自分好みの時計に仕立てて、

自分以外で同じ時計を持っている人は周りにいない

という状況を作り出せるよう

精進しまーす!

国内版セイコー5スポーツが再展開される前から…

国内版のセイコー5スポーツが再展開される前から

ブラックボーイ(SKX007)が減産されるとの噂が出回っていました。

その結果、ブラックボーイに希少価値がついて値上がるとまで予想されており

事実、かつて2.3万円にくらいで売買されていた

日本製、J品番4は万円寸前まで値上がり

今でも手に入りにくく品薄状態が続いています。

それに伴い海外製であるK品番も値上がりました。

K品番はかつて1.8万円くらいで売買されていたのが

現在では約3.5万円程度の相場を推移しています。

約2倍ですよ。2倍。

ブラックボーイ(SKX007)の日本製と海外製を徹底比較!実は見た目も違った。
お疲れ様です。最近、また時計熱が高まっております。今回は時計本体にではなく、時計修理の技術の方で高まってます。ロルバーンのレポート用紙も買ったことだしどんどん勉強しようと思っていた矢先のことでした。SEIKO 5...

おかげでカスタムウォッチの敷居が高くなってしまい

昔よりも慎重にパーツを選ぶ必要が生まれ

カスタムウォッチ市場の相場も高値になってしまいました。

できればカスタムウォッチ人口を増やしたいのですが

なかなかうまくはいきませんね。

いかがでしたでしょうか!

いや~我々の市場も徐々に駆逐されていくのかと思うと
少し怖いです。
しかも本家SEIKOに駆逐されたら
もう争いようがないですからね。

友だち追加

Bite the Cane公式ラインを開設しました!

メールだと返信が遅くなりますので

ラインから受け付けています!

ぜひ皆さまからのカスタマイズの依頼をお待ちしています。

オンラインショップやってます!

OFUSE始めました!
活動資金の足しにさせてください!
https://ofuse.me/ofuse/bitethecane
海外市場に出回ってるパーツなどで
試して欲しいものがあったら教えてください!
他にも記事の案や依頼もお待ちしてます!

Twitter:@bitethecane

SHOP:https://bitethecane.theshop.jp/

今日はこの辺で!

コメント