英語文法はわかるけど、しゃべれない人必見。私が実践した英会話勉強法

佐藤の奇行

お疲れ様です。

先日投稿した記事が

2ヶ月で独習!私が実践した経済学の勉強方法
お疲れ様です。「なんか面白い文房具ないかなー」ってお店回っていたりすると面白そうなものは見つかるんですがそれに付随して新しい趣味も見つけてしまうんですよね。これ以上、趣味や関心事が増えたら睡眠時間なくなって死...

はてなブックマークの

学びのカテゴリーでバズりまして

大変興奮してる

今日この頃の佐藤です。

めちゃくちゃうれしかったです。

今日は後輩に

とあるリクエストを受けたのを

紹介します。

早速表題の件ですが

今日は私が英語への苦手意識をなくした

きっかけの勉強法について

紹介します。

結論からいうと、

英語は分かるようになれば

楽しくて仕方がないんです。

学生や社会人に限らず

「英語しゃべれればなぁ。」

って思ったこと何回もあると思います。

いざ本を買って

「毎日机に向かって勉強だ!」

って思っても

急な用事や、仕事で

なかなか継続できないですよね。

通勤、通学の電車や車の中で

本も広げずに勉強出来たら

いいですよね。

どうやって学んだの?

スティーブ・ジョブス 伝説の卒業式スピーチ(日本語字幕)

YOUTUBEです。

私はこれを大学1回生のとき

仮面浪人中に

ひたすら聞き続けました。

最初は軽はずみで

「スティーブジョブズみたいになりたい!」

なんて意識高いことを思いながら

動画を見ていたのですが

高校英語の文法で

聞いたことあるフレーズがいくつもあり

原稿が気になったのが

きっかけでした。

勉強方法

この英語の克服方法は

始めが肝心です。

内容の把握

Steve Jobsのスピーチ、山口訳 - H-Yamaguchi.net
昨年6月12日のスタンフォード大学卒業式でSteve Jobsが行ったスピーチが...

このページを開き、

スピーチの日本語訳を全て読み、

内容を覚えてください。

単語の照らし合わせ

そして英文と和訳を

照らし合わせながら

分かる単語を徐々に増やしていってください。

たとえば冒頭でいえば

I am honored to be with you today at your

(honoredは誇りに思うって意味だったけ。

today は今日って意味だよな。)

commencement from one of the finest universities

(前半わからん。universitiesは大学って単語か。)

in the world.

(イン ザ ワールド!! 知ってる単語キタ!!世界中って意味やろ!)

Truth be told, I never graduated from college.

(truth be toldは本当のことを言うと、って

大学受験で頻出の言い回しだ。

graduateは卒業って意味だな。)

(略)

That’s it. No big deal.

(ノービッグディアル。大した問題じゃない。)

Just three stories.

(たった3つのストーリー)

ってな感じで

分かる単語と日本語を照らし合わせていきます。

これをとにかく、最後までやってみてください。

耳で聞き取れる単語を増やしていく

このスピーチの音声と英語の原稿を目で追いながら

知っている単語だけでいいので

聞き取れるようにしてください。

簡単になってきたら

シャドーイングといって

スピーチ音源に重ねて、

原稿を音読してください。

そうすると、

徐々に気になる単語が出てきます。

単語の意味がわからなくても

気にならなければ調べなくていいです。

とにかく、興味をもった単語から覚えていきます。

慣れてきたら聞きまくるだけ。

ある程度、単語を追うことで

「今、この部分の話をしゃべってるな。」

って察しがついてきたら

もう原稿は使いません。

聞きまくってください。

これを暇さえあれば、

聞き続けること。

英語脳を作る。

このキーワードどっかで聞いたことある方も

多いんではないでしょうか。

有名なスピード ラーニ〇グ

ですよね。

これの受け売りではないですが

聞き続けていると、

次になんて発音するか

分かるようになってきます。

なんの単語を発音するかが

わかる訳ではないんです。

どんな音を発音するのか

がわかるようになってくるんです。

ここまでくると

単語が気になって仕方がなくなり

調べてしまします。

この積み重ねが非常に重要なんです。

気になって仕方がない。

この好奇心に似た感情が

学習の吸収を早めます。

言い換えれば

「好きこそ物の上手なれ」

を作り出すのです。

日本語訳はわかってるから

なんとなく、どの話をしているかは

全ての単語がわからなくても

察しがつきます。

そのわからない単語を少しずつ

興味を利用して

減らしていくのです。

その結果、

何を言っているのか

わかって仕方がなくなるので

楽しくて仕方がありません。

この状態で発音できれば

もう英会話に恥ずかしさや

不安はなくなります。

もうここまで来たら

吸収できるものは

吸収しきるクセがついているので

英会話が怖くなくなっているという

仕組みです。

ぜひ試してみてください!

市販されているものだと

これでも同じことができます。

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!

関連記事

2ヶ月で独習!私が実践した経済学の勉強方法
お疲れ様です。「なんか面白い文房具ないかなー」ってお店回っていたりすると面白そうなものは見つかるんですがそれに付随して新しい趣味も見つけてしまうんですよね。これ以上、趣味や関心事が増えたら睡眠時間なくなって死...

コメント