海外版モンスターエナジー4種類を飲み比べてみた。やっぱり本場のエナジードリンクはやべぇ

スポンサーリンク
モノ選び
モンスターエナジー6種を飲み比べてみた件。エナジードリンクってやべぇ。
5/13 モンスターエナジー パイプラインパンチを追加ブログを開設した頃からやってみたかったモンスター飲み比べをしてみました!さすがに355mlのエナジードリンクを一人で5種類も飲むのは死を覚悟するレベルなので友人3人に...

愛しのモンスターエナジーを飲み比べてから

はや1年半。

自分の心拍数の上昇に恐怖を感じたので

エナジードリンクの飲み比べは国内版だけにしておこうと決意してからも

はや1年半。

つまり気が変わってもおかしくないはず!!

ということで…

海外版が4種類手に入ったので

飲み比べちゃいます!

スポンサーリンク

早速表題の件ですが

img_2422

色彩豊かですよね…(良い意味でも悪い意味でも)

海外版は500mlで売られています。

ビールのロング缶と同じなんです。

日本版は355mlなので約1.5倍も容量が多いんです。

太さが違い過ぎてイカつすぎる…

今日用意したものは左から

img_2422

ジュースモンスター マンゴーロコ

モンスターエナジー ウルトラパラダイス

ジュースモンスター パイプラインパンチ

モンスターエナジー ルイスハミルトン

以上4種類です!

一番右のルイスはミルトンを除いては

まだマイルドそうなので、いろんな意味で楽しみです。

海外版と日本版の違いは

海外版エナジードリンクって聞いて

「やばそう。」

「飲んだら死ぬんじゃないか」

なんて先入観を抱きがちですが

実は大したことない(はず)です。

私は栄養学の専門家ではないので主な栄養素で

比較してみます。

タウリンとアルギニン

成分の違いでもっとも大きいのは

海外版はタウリンが含まれていることです。

日本でタウリンが入った飲み物を販売すると

清涼飲料水ではなく、栄養ドリンクと同じ医薬部外品になってしまいます。

タウリンには

・疲労回復効果
・肝機能の改善
・糖尿病予防
・血中コレステロール濃度の低下
・インシュリンの分泌促進
・視力の回復

などの効能があります。

タコやイカなどのコリコリした身にも含まれています。

一日の摂取量は500mgが目安とされ、

3000mg以上は過剰摂取になります。

過剰摂取による副作用はなく

尿と一緒に排出されます。

日本版で代用されているアルギニンは

アミノ酸の1つです。

・疲労回復
・成長ホルモンの分泌促進
・免疫力の向上
・肝機能の改善

主に以上の効能があります。

鶏肉や大豆、マグロなどに多く含まれています。

アルギニンは単体で効果があるわけではなく

他の栄養素を補助する働きが多いです。

アルギニンは一日に2000~4000mg摂取すると効果的といわれています。

成長ホルモンは寝ている間に

怪我などの体の修復や身長が伸びるときにも重要です。

夜の0時までにノンレム睡眠に入ると

成長ホルモンが分泌され、がん予防にも効果があるといわれています。

夜の0時にノンレム(深い)睡眠に入らなければならないので

遅くても22:30には眠らないといけない計算になります。

そんな時間にエナジードリンク飲んだら

アルギニンで成長ホルモンの分泌を促すどころか

寝られなくなりそうなので、サプリで摂取しましょう。笑

カロリー

エナジードリンクって名前なので

もちろんエネルギーとなるカロリーが多く含まれています。

日本版の定番緑モンスターは

100mlあたり50kcal

海外版の定番緑モンスターは

100mlあたり47kcalなんです。

100mlあたりは大差ないですね。

100mlあたりは…

カフェイン量

日本版の緑のモンスターは

100mlあたり40mg

100mlあたり32mg

海外版のほうが少ないんです。

意外ですよね。

実際に医者も断言はできないらしいので

定かな情報はありません。

しかしエナジードリンクの飲みすぎで

死亡した例はいくつかありますので

容量を考慮して、過度な摂取にならないようにだけ

注意してください。

それでは味のレビューです!

ジュースモンスター マンゴーロコ

海外にはジュースモンスターというシリーズがあるようです。

2019年11月現在、発売されているジュースモンスターは

このマンゴーロコと、後程紹介するウルトラパラダイスの2つです。

正直、今回紹介する海外版モンスターの中で

1番おいしかったです。

味はドラゴンフルーツやパッションフルーツ、マンゴーなどの

南国系フルーツの味。

後味はうっすらとシトラスっぽいようなスッキリ感があって飲みやすい。

シリーズ名のとおり、エナジードリンクというよりジュースでした。

すこしぬるくなると砂糖の甘さが目立ち、

フルーツの風味が重たく感じてきます。

実際にこのマンゴーロコには

マンゴーピューレ、リンゴ、オレンジ、パイナップルの果汁が6%(うち、2.5%はマンゴー)含まれています。

100mlあたり 1本あたり
カロリー 51kcal 257kcal
タンパク質 0g 0g
12mg 60mg
ナトリウム 23mg 115mg
カフェイン 30mg 150mg
リボフラビン 0.72mg 3.6mg
ナイアシン 8.0mg 40mg
ビタミンB6 0.85mg 4.25mg
ビタミンB12 0.002mg 0.01mg
タウリン 400mg 2000mg
グルクラノラクトン 2mg 10mg
イノシトール 2mg 10mg
高麗人参 85mg 425mg
ガラナ 2mg 10mg

実はこのマンゴーロコは

糖分量とカフェイン量、リボフラビン量が最も多いドリンクでした。

感覚はジュースと言いましたが

成分的にはガッツリエナジードリンク。

恐ろしいですね。

モンスターエナジー ウルトラパラダイス

色と味が想像通りでした。

何も意識せずに飲むと

味はまさしく「瓜」

10年近く前に販売されていたきゅうり味のペプシ、

キューカンバーを思い出しました。

キューカンバーの方が味が薄かったはず。

このウルトラパラダイスに関しては

正直、名前負けしている気がします。

よーく意識して味わってみると

瓜よりもキウイっぽい爽やかな甘味が感じられるのですが

パラダイスがウルトラかって言われると

マンゴーロコの方が、パラダイスがウルトラしてます。笑

100mlあたり 1本あたり
カロリー 2kcal 11kcal
タンパク質 0g 0g
0g 0g
ナトリウム 66mg 330mg
カフェイン 30.5mg 153mg
ナイアシン 8.0mg 40mg
ビタミンB5 2.0 mg 10mg
ビタミンB6 0.85mg 4.25mg
ビタミンB12 0.002mg 0.01mg
タウリン 400mg 2000mg
グルクラノラクトン 2mg 10mg
イノシトール 2mg 10mg
高麗人参 82mg 410mg

このウルトラパラダイスだけはビタミンB5が含まれています。

ビタミンB5は別名パントテン酸と呼ばれています。

ニキビケアや毛根の活性化に作用すると言われています。

ちなみに、10mgのビタミンB5は

鶏肉100gから摂取するのと同じ量です。

4つの中でもっともカロリーが低いです。

成分量としては他に特筆することはありません。

低カロリーでスッキリとした薄味のウルトラパラダイスは

海外で売れているのか、不思議なところです。

ジュースモンスター パイプラインパンチ

コレに関しては見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです。

新発売のピンク色のモンスターと緑のモンスター飲み比べてみた。
ンスターエナジーパイプラインパンチの飲み比べです!今回も前回のごとく、コップに注ぎ、色を見て、成分を確認してみましょう!

日本でも同じ味が期間限定で販売されていました。

パイプラインパンチの海外版です。

img_1405

改めて色を見比べてみると

若干日本版の方が薄いかな。

海外版も日本版と同様、

リンゴ、オレンジ、グァバパイナップル、パッションフルーツの果汁が含まれています。

含有率は缶に記載がなかったのでわかりませんでした。

味も日本版とほぼ同じで、

少し薄めのフルーツミックスジュース。

正直、マンゴーロコほどトロピカル感はなかったです。

ケミカルな甘さはそこまで感じられず、

飲みやすい味でした。

100mlあたり 1本あたり
カロリー 44kcal 220kcal
タンパク質 0.4g 2.0g
10.2g 51g
ナトリウム 16mg 80mg
カフェイン 31mg 155mg
リボフラビン 0.72mg 3.6mg
ナイアシン 8.0mg 40mg
ビタミンB6 0.85mg 4.25mg
ビタミンB12 0.002mg 0.01mg
タウリン 400mg 2000mg
グルクラノラクトン 2mg 10mg
イノシトール 2mg 10mg
高麗人参 85mg 425mg
ガラナ 2mg 10mg

日本版と海外版は100mlあたりのカロリーは同じです。

カフェインは海外版の方が8mg少なく、

高麗人参は海外版の方が3mg多いです。

海外版っていうレッテルがあるだけに

ちょっと物足りなく感じてしまいました。

モンスターエナジー ルイスハミルトン

缶のデザイン的に一番ヤバそうですよね。

赤地に黒の装飾と黄色のふちどり。

警戒色ばかりあしらわれたデザインです。

商品名のルイスハミルトンとは

F1レーサーの名前です。

この赤いルイスハミルトンは別名LH34と呼ばれ

コラボ商品第2弾のようです。

中身は意外と普通な色ですね。

エナジードリンク特有のケミカルな甘い匂い。

飲むと、グレープ味のガムのような味がします。

正直、味の説明がしにくく、

「あー、栄養ドリンクっぽいような、よくあるエナジードリンクの味。」

っていうのが率直な感想です。

100mlあたり 1本あたり
カロリー 19kcal 96ckal
タンパク質 0g 0g
4.2mg 21mg
ナトリウム 49mg 245mg
カフェイン 30mg 150mg
リボフラビン 0.70mg 3.5mg
ナイアシン 8.0mg 40mg
ビタミンB6 0.45mg 2.25mg
ビタミンB12 0.002mg 0.01mg
タウリン 400mg 2000mg
イノシトール 2mg 10mg
高麗人参 85mg 425mg

毒々しい見た目とは裏腹に

意外とカロリーが低い。

思い返せば、一本目のマンゴーロコは

1本あたり257kcal。

これってマクドナルドのハンバーガー・ポテト・コーラのセットの約半分なんです。

そう思うと1本あたり96kcalはかわいいもんですね。

味も先述の通り、差し障りのない定番の味なので

これが一番期待外れでした。

とはいっても、タウリン2000mg配合なので

むしろ健康にいい気さえする。笑

いかがでしたでしょうか。

abroad monster const

今回紹介した4種類の成分表です。

PL:パイプラインパンチ
UP:ウルトラパラダイス
ML:マンゴーロコ
LH:ルイスハミルトンの略です。

赤く塗られている部分は4種類の中でもっとも成分が多いものです。

各成分がどんな効能をもつのか説明すると

ものすっごいボリュームになってしまうので省きますね。

この日は海外版のモンスターエナジーを4本飲みました。

つまり、2リットルのエナジードリンク飲み

カロリー:584kcal

糖質:132g(角砂糖44個分)

カフェイン:485.5mg

タウリン:8000mg

高麗人参:1685g

を摂取したわけですね。

カフェイン485mgは佐藤の調べによると

3時間以内の許容量ちょい越えくらいなので

問題なさそうですね。

正直、日本版のモンスターエナジーを飲み比べた時の方が

心拍数の上昇がえげつなかった気がします。

勢いよく飲みすぎていたのか、

今の私がめちゃくちゃ鈍感になったのか

どちらでしょう。笑

ぜひ、友人が海外に行くことがあれば

海外版のエナジードリンクを頼んでみてください!

結構面白い!楽しい!おいしい!

お試しあれ!

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!

コメント

  1. […] 海外版モンスターエナジー4種類を飲み比べてみた。やっぱり本場のエナジードリンクはやべぇ海外版が4種類手に入ったの飲み比べちゃいます!色彩豊かですよね…(良い意味でも悪い […]