データバンクの兄弟?カリキュレーターシリーズが、このセールの時期に最適な件

スポンサーリンク
モノ選び

こんにちは。

以前カシオのデータバンクを

紹介しました。

(参考:電卓付き時計?データバンクってご存知ない?カシオの名品なんですが、みんなからの口コミが、やたら良い件。)

意外と食い付きがよくて

嬉しい限りです。

今回はもまた

キーボートがくっついた

時計をご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

早速表題の件ですが

カリキュレーター2種類

手に入れちゃいました。

機能としては

・時計

・電卓

・アラーム

・ワールドタイム

・ストップウォッチ

この5つです。

データバンク(DBC-611)とは違って

外貨の計算や

電話帳機能は

ついてません。

そのおかげか、

以前紹介した

データバンクにくらべると

バカ安い。

この安さと単純さが

最大の魅力です。

使い心地は

データバンクは

平坦なキーボードでしたが

今回のカリキュレーターは

立体的なのです。

img_0558

押してる実感があります。

しかし、小ささゆえに

押し間違えることが多々あります。

爪で押すと間違えにくいです。

お買い物行くときにしていくと便利。

この時期は

どこのお店も

決算セールや冬の本セールで

セールで割引いては、まとめ買いで割引き。

ってお店も多いですよね。

ショッピングモールなんかだと

セールで60%オフからの

〇点以上のお買い上げで、さらに20%オフ

なんていう謳い文句で溢れているます。

「60%オフからの20%オフ」=80%オフではなく

定価を0.4倍して、さらに0.8倍なので

実質68%オフです。

計算が複雑ですよね。

ここでカリキュレーターの出番です。

定価を0.4倍して0.8倍してもよし

いきなり0.32倍してもよし

そこから消費税の1.08倍してもいいですね。

こんな端数だらけの計算をするときに

便利です。

私は小売りの仕事をしているので

お客様に最終の値段を聞かれた際に使っています。

ちなみに

見た感じ

「使いこなせなさそう」

「操作が複雑そう」

って思われがちですが

キーボードが多いぶん

わりと簡単です。

っていっても

時計屋の店員の簡単が

あてにならないって思われるので

調べ方を紹介します。

カシオのHP>お客様サポート内にある

取扱説明書ダウンロードのページで

4桁の番号を打ち込めば

説明書のPDFが出ます!

すごいことに

日本未発売の時計の説明書も載ってるんです。

ちょっと意味わからないけど

ありがたい。img_0556

この4桁です。

もしくは裏側にある

img_0544

四角の中に書かれている番号で

探せます。

カシオ製品なら説明書がでるので

G-ShockやPro Trekや

チプカシはもちろん

エディフィスシリーズも

取扱説明書が出せます。

使い方がわからなくなったら

ぜひ検索してみてください!

今日はこの辺で!

https://search.rakuten.co.jp/redirect?_url=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Ftokia%2Fca-53w-1z%2F&&_cks=a93ea52d792ac08ad1561150de5c369f6b72bb0&&_pgid=1ece0bbdaecb9698&&_pgl=pc&&_ml=pc.main.middle.listSearchResults&&_mp=%7B%22trigger%22%3A%22title%22%2C%22type%22%3A%22item%22%2C%22itemid%22%3A%22216514%2F10000038%22%7D&&_mn=searchResultItem

 


コメント