GM-5600が安くて使いやすくて高級感あってコスパ最強。バンド交換可能なの?!

スポンサーリンク
モノ選び

お疲れ様です。

幼いころから音楽、工芸、デザインなど

3次元の芸術は得意なのですが

写真や美術などの2次元の芸術はダメなんですよね。

ブログを始めて約2年が経とうとしている今になって

やっと絵や写真にこだわりが持ててきて

フォトショを操作できるようになろうと

思い始めた今日この頃の佐藤です。

フォトショをいじれる友人を見つけてしまったので

ちょくちょく画像編集していこうと考えております。

豊かな人生を生きてきたものだ。笑

今日はG-shockの新作、メタルケースの5600番

GM-5600のレビューです!

細かな部分まで見て参りましょう!

スポンサーリンク

早速表題の件ですが

今までメタルケースの5600は電波ソーラーのタイプしか

発売されていなかったのですが

今回廉価版の電池のタイプが発売されました。

それが GM-5600

img_2610

おそらく、G(-shockの)M(メタルの)-5600(番)って意味でしょうね。

これが定価22000円なんです。

樹脂バンドとメタルバンパーの組み合わせはやっぱりかっこいい!

最初に申し上げた電波ソーラーだと

GMW-B5000-1JF

定価55000円もするんですよね

電波ソーラーとBluetooth機能を無くしただけで33000円も安くなるわけですから

厳密には画面の部分のや裏蓋の構造などディテールが全然違うのですが

メタルのケース(バンパー)だけみたら

かなり買いやすい価格なので

見た目のコスパが最強だと感じています。

【DW-5600】G-shockを改造しよう!カスタムにおすすめな本体とパーツを紹介!
お疲れ様です。G-Shockっていろんな色がありすぎて肝心な欲しい色がなかったりしますよね。売られているデザインから選ぶしかないかと落胆したことあり人は多いと思います。そんなことないんです。G-Shockは大量生産す...

スペック

電池のG-shockなので言うまでもなく

基本的なスペックです。

img_2608

・時刻表示
・ワールドタイム
・ストップウォッチ
・アラーム
・フルオートカレンダー
・タイマー
がついています

もちろん防水性は20気圧なので

泳ぐことができるくらいの防水性を兼ね備えています。

さてディテールについてです!

バンドが付け替え可能?!

これは公式の情報ではないのですが

おそらく近いうちに替えベルトが発売されると予想します。

今回のGM-5600のベルトの付け根を見てみると

クイックレバーがついているんです。

バネ棒に取っ手をつけることで指で取り外しができる仕組みになっています。

通常は

バネ棒の両端しかむき出しになっていないのでバネ棒外しを使わないといけません。

佐藤が知る限りでは

G-shockのウリである、耐久性の面で

クイックレバーは採用できないみたいな見解があったと記憶があるのですが

なんとかなったようですね。笑

手で外せるようになったってことは、

工賃払ってまで時計屋さんで交換してもらう必要がなくなるってことでは?!

ってことなんです。

現に、GA-2000では

すでに純正のベルトが発売されています

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック GA-2000シリーズ オプショナルバンド BANDGS01B-3JR

カーボンコアガードという新構造で

より軽く、より頑丈にってのは容易に想像つきますが

より扱いやすくする目的もあったようです。

黒メタルもかっこいい

黒いバンパーの色違いもあります。

単体画像で見るとわかりにくいですが

並べてみると

けきちもくimg_2610

一目瞭然ですよね。

黒メタルが結構シックに見えますよね。

どちらもステンレス製のバンパーなので

銀色の状態から黒メッキをつけていることになります。

ひと手間かけた贅沢さがかっこいいです。

ミリタリー色強めなカーキ

液晶の部分にドット絵でカモフラージュ柄をあしらった

カーキの色違いもあります。

GM-5600B-3JF

色違いどころか、コンセプトがぜんぜん違う商品や~ん!

って感じますが、色違いなんですって。笑

カーキに黒メッキにカモフラージュ柄だなんて

渋すぎる組み合わせですよね。

この組み合わせはルミノックスでも存在しない組み合わせなので

一見の価値ありです。

いかがでしたでしょうか!

クォーツ初のメタルバンパーと樹脂バンドの組み合わせです。

・時刻表示
・ワールドタイム
・ストップウォッチ
・アラーム
・フルオートカレンダー
・タイマー
・200m 防水

の基本スペック。

以前発売されていた電波ソーラーとBluetooth付きのモデル

GMW-B5000と比べると

・自動時刻調整機能
・ソーラー充電で基本的には電池交換必要なし
・ワールドタイム
・スマホ連携

など機能は劣りますが

その分コマンドも多くなるので

複雑になってきます。

その点、クォーツタイプは

コマンドが少なく、シンプルで使いやすいです。

私が所属している時計屋さんの店舗販売でも

かなり人気のアイテムです!

お客様からは

「買おうと思ってたネットでは売り切れてて、電波ソーラーの方しかなかった」

なんてことも聞くくらいです。

クリスマスプレゼントにぴったりなタイミングでの発売なので

お早めの入手をおすすめします!

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!

コメント