【DW-5600】G-shockを改造しよう!カスタムにおすすめな本体とパーツを紹介!

スポンサーリンク
時計

お疲れ様です。

G-Shockっていろんな色がありすぎて

肝心な欲しい色がなかったりしますよね。

売られているデザインから選ぶしかないかと

落胆したことあり人は多いと思います。

そんなことないんです。

G-Shockは大量生産するためか

意外と簡単な構造になっているんです。

そして細かい品番が違えど、共通のパーツを使っていることもあるので

意外とカスタムパーツが作りやすかったりします。

今日はそんなカスタムパーツの紹介、

色違いのG-Shockの移植でおすすめな品番、

改造方法や案を紹介します。

ケチらなければいくらでも楽しめるんです!

スポンサーリンク

早速表題の件ですが

今日は改造しやすいG-Shockのなかでも

5600番シリーズのカスタムを紹介します!

5600番シリーズとは

G-Shockの名前を聞いたことある人ならば

一度は見たことあるはずの、四角い時計です。

正しいシリーズ名は「オリジン」といい、

その名の通り、G-Shockのオリジナル

つまりはG-Shockの第1作目のシリーズなんです。

G-Shockはスタイル番号も大切ですが

その前に置かれるコードがもっと大切です。

電池のタイプの5600はDW-5600

ソーラーのタイプはG-5600

電波ソーラーはGW-5600

最新の電波ソーラーとBluetooth付きはGW-B5600

といったように変化していきます。

今回はDW-5600とG-5600に使えるカスタムパーツを紹介します!

本体

ケースの色や、バンドの色を自分で変えるのは非常に難しいです。

自分が望むデザインに最も近い本体を選ぶのも

改造するにあたって重要になってきます。

液晶の色は偏光シートを使えば自分で変更可能ですが

裏ブタを開けて加工しないといけないので

防水性能が落ちます。

それでも、色を変えたい場合は後ほど紹介します。

スピードモデル

5600番といえばこのスピードモデルが最も有名ですね。

映画スピードでキアヌリーブスがつけていたことから

この愛称がつきました。


[カシオ]casio G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ 【並行輸入品】

これは定番品のなかで最も安く手に入るモデルでしょう。

品番が5600番だからでしょうか、

ネットではそれくらいの値段で取引されています。

ビービーワン

私が所属している時計屋さんだけでしょうか

G-shockのソリッドカラー(オールブラック)のシリーズは

BB-1という色番がつきます。

「5600のビービーワン」っていえば大体の人がこの品番を思い浮かべます。

マットな黒に、風防(ガラス)の部分に印刷が施されていない

非情にシンプルなデザインです。

レッドアイ

ビアカクテルじゃないですよ?

でも名前は全く同じ、赤目の5600番です


[カシオ]CASIO G-SHOCK Gショック MAT BLACK RED EYE DW-5600MS-1DR ブラック 腕時計[逆輸入]

液晶の文字が赤いですよね。

これが愛称の由縁です。

色番号がMS-1です。

バンドの部分に3229と印刷が入っているのが何とも気に入りません。

国内では2009年ではすでに廃番になっています。

海外に大量に残っているのか、それとも海外では定番なのか

定かではありませんが、ネットや並行輸入では

比較的手に入れやすいです。

ホームラン


CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK(Gショック)DW-5600HR-1 メンズ [並行輸入品]

これは私が勝手に読んでいるだけの愛称なのでご注意。

色番がHR-1です。

HRがなんの略なのか定かではありませんが

見るたびに「あ、ホームランだ。」って思っちゃうんですよね。

見てわかるように、バンドの裏側が赤いタイプです。

G-Shockのブランドカラーにこだわった

「Black & Red Series」と言われるシリーズ名で

レッドアイと同様に様々な型で採用されているカラーです。

これも2016年に発売されて、国内では生産終了になっていますが

並行輸入ならまだまだ手に入ります。

私が所属している時計屋さんでは必ず売り切れるといってもいいほど

人気の品番です。

いかにもG-Shockらしいですもんね。

ホワイトカラー


カシオG-SHOCK海外モデルマリーンホワイト DW-5600MW-7 並行輸入品 [並行輸入品]

白色もあります。

色番のMWはマットホワイトの略でしょうね。

その略名通り、ツヤのない白色です。

サマーシーズンに着けたくなりますが、

ベージュのコートや白色系のセーターを身に着ける人なら

冬場に着けていてもかわいいと思いますよ!

これをベースにモノクロにカスタムするのも面白そうです。

以上が改造するにあたって

一番重要な本体です!

計画的に本体を選べば、

無駄にパーツを買う必要がないこともありますから

慎重に選んでください!

カスタムパーツ

バンパー


For カシオCASIO G-SHOCK 5600シリーズSIKAI 腕時計アクセサリーバンパー ダイヤル保護 保護バンパー ステンレス  耐衝撃防滴アクセサリーカシオ時計Gショックに対応 (5600シリーズ, シルバー)

バンパーは液晶保護のためのワイヤーです。

5600番シリーズの中で、もともと備えている品番もありますが

パーツ単体を手に入れれば、好きなカラーの5600番に

工具を使わず、手で付けることができます。

基本的にシルバーとブラックとゴールドがあります。

このリンク先にある5610番は電波ソーラータイプに与えられる品番です。

本体の厚みが若干異なるんでしょうね。

メタルのバンドとベゼル


SIKAI For 5600シリーズ/5610シリーズ用フィーバーハイエンドステンレススチールケースブレスレット改めることアクセサリー (For 5610, シルバー)

35周年記念モデルでオールステンレスの

5600番がめちゃくちゃ流行りましたね。


GMW-B5000D-1

じつは、あれが作れちゃうんです。

とはいっても純正品ではないのでロゴがなかったりしますが

遠目から見たらわかりません。

正直、バックル付きのメタルバンドのオリジンシリーズってだけで

「お?」って反応してしまうくらい稀少なので

レッドアイを基にカスタムしたら、めちゃくちゃかっこいいですよ。

NATOベルト互換パーツ


【工具付き】G-SHOCK対応ベルト 交換用アダプター ナイロンベルトセット バネ棒外し付き 取り付け動画QRコード付き 交換用ベルト バンド ベルト ブラック 黒(アダプター黒色)

G-SchockのベルトをナイロンのNATOベルトに換えることもできます。

これも市販されているモデルがあります。


DW-5600BBN-1

これは電池のタイプに限らず、ソーラー、電波ソーラーなどのタイプにも

幅広く互換します。

黒のナイロンのベルトのほかにも、

グレー×ブラックのライン入りや


カーキなど、色を加えてもかっこいいですね。

24mm幅のナイロンのベルトであれば対応可能です。

レザーベルト互換パーツ


G-SHOCK Gショック専用 メタルアダプター (5600, ブラック)

レザーバンドを着けることができる変換パーツもあります。

これがあればNATOベルトも通すことができます。

こちらの場合、20mm幅のベルトなので

革もNATOベルトも種類が豊富です。

先ほどの互換パーツの24mm幅だと、すこし大き目の幅なので

なかなか数が少ないのですが、

G-Shockらしい武骨な太さがかっこいいので、

改造したい雰囲気に合わせて互換パーツを選んでください。

いかがでしたでしょうか!

G-Shockは裏ブタを外さなければ意外と簡単な構造になっています。

冒頭で申し上げたように、液晶の色を変えたいのであれば、

偏光シートを裏返すなり、色付きシートに差し替えることも可能です。

CASIO A158WA-1JF カスタマイズ編 - 文字盤再塗装・反転液晶化
チプカシの反転液晶化や文字盤再塗装、電池交換など趣味で行っています。

私もよくこのHPを見てます。

ものすごく丁寧に書いてあるので

ぜひ参考にしてみてください。

今日ご紹介したような改造は自己責任です。

改造したものではカシオの正規修理が受けられなくなる可能性があります。

外したパーツや、外す前の構造などを写メで収めたりと

元通りにできる準備を万全に行ってください。

技術的な面は私のブログで追ってまとめていく予定です。

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!


コメント