時計のベルト交換不要になる?!Dバックルを使えば、腕時計の革ベルトが痛にくくなる!

スポンサーリンク
モノ選び

お疲れ様です。

GW5日目を迎えました

そろそろみなさん、

連休の疲れを

感じ始めてきたのでは

ないでしょうか。

休みと仕事の緩急が激しいと

逆に疲れることを知って

2年目の佐藤です。

正直、完全な休みは10日に1日あれば

いいかなって思っています。

現にそんな働き方しています。

無駄に休日に遊ぶことがなくなり、

コンスタントな毎日を過ごせています。

スポンサーリンク

早速容態の件ですが

夏になると汗で

腕時計の革ベルトが

へにゃへにゃになって

ちぎれかける経験ないですか?

ベルトを交換しないといけなくなるから

夏場は革のベルトは嫌だ。

なんて人もいらっしゃいます。

誰にでも起こりうるこの現象は

かならず原因があります。

革のベルトを外すときに

無理にベルトを曲げすぎて

縫い糸がほつれてくるくるのが最大の原因です。

そのほつれや革自体のヒビ割れから

汗が染みて

腐ってしまって

臭くなったり

へにゃへにゃになったりしてくるのです。

これを軽減するアイテムがDバックルです。

img_1266

この金属のかたまりが

観音開きのDバックルです。

見ただけじゃ、

なにがなんだか分からないですよね。

ヒントは、開くと

img_1263

こうなります。

余計わからなくなりそうですね。

簡単に説明すると

メタルベルトのバックルの部分を

img_1251

革ベルトに着け換えて

img_1291

輪っかにしてしまうパーツなんです。

よく、高級時計に付属してきます。

でも、革ベルトの金具って

img_1268

こういう、針がついていますよね。

この金具を尾錠といいます。

これの付け替え方を今から紹介します。

付け替え方

img_1296

まず、赤丸で囲んだ

尾錠の付け根の

丸いくぼみを押し込みます。

img_1271

今回は時計のメンテナンスに使える

爪楊枝を使っていますが

ゼムクリップの先端で押し込んでも大丈夫です。

img_1276

押し込むと左の革ベルトのように

パーツが外れます。

そこで先ほどのDバックルが登場です。

バネ棒とDバックルを画像の順に並べます。

img_1278

バネ棒をさ差し込み、

img_1280

バネ棒を押し込み

Dバックルを連結します。

次に、反対側を付けます。

img_1286

反対側は工具は使いません。

img_1282

このパーツは開くので

この開いた部分に

img_1287

革ベルトを通して

img_1288

金具をかませたら

img_1291

革ベルトが輪っかになるので

装着完了です。

img_1292

Dバックルを閉じるとこうなります。

Dバックルの種類

今回紹介したDバックルは

img_1266

観音開きという形です。

ベルトの両側からベルトを締めるタイプです。

これに対して

img_1251

片側からベルトを織り込むタイプを

三つ折りタイプと呼ばれています。

せっかく、贅沢してDバックルを付けるのですから

簡単に壊れてしまっては困ります。

安く、無名ブランドのものだと

バックルを「パチッ」っと留める

ツメが壊れやすく、使い物にならないので

なるべく有名どころのDバックルを

用意した方がいいでしょう。

[セイコー] SEIKO 尾錠巾18 mm Dバックル プッシュ式 SEIKOロゴ入り 銀色

SEIKOの純正品のDバックルを

敢えて選んでもいいですね。

バンビ、モレラートというブランドも

革ベルトメーカーとして有名なので

しっかりメーカーを選んで

用意してみてください。

ベルトのサイズ

品番が違います。

img_1297

赤丸で囲んだ

尾錠がついていた部分の幅を測って

適合するベルトを選んでみてください。

ベルトの形の種類は

非常に多いので

一概に、全ての時計に着けれるわけではないので

ご注意ください。

その際は、時計屋さんに

「Dバックル着け替えられるか」

聞いてみてください。

中には尾錠が外せなかったり、

バネ棒外しという特殊な工具が必要な場合もあります。

明工舎製作所 MKS バネ棒用工具 46000

これがあると、

メタルバンドの時計を

革ベルトに付け替えられたり

同じ時計でも

色の違う革ベルトに付け替えて

時計を使いまわすこともできるようになりますので

時計にすこし気を使っている方なら

持っていて損はないです。

そのさい、

バネ棒外しの先端が

金属のものの方がお勧めです。

ベルトの付け根が汗で錆びていたりすると

工具が折れてしまうことがまれにあるからです。

そういうことがないように

ベルジョンというブランドの

バネ棒外しがお勧めです。

[ベルジョン] BERGEON 時計 ベルト交換工具 バネ棒外し(細)(太) BE6767-F BE6767-S 正規輸入品 細(F)

時計の修理士の中では

王道中の王道のブランドですから

ほぼ間違いないです。


これらこそ、

知らなきゃ買わない代物ですので

まさしくBite the Caneですね。

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!


コメント