コーラが夏風邪に効く?!一人暮らしにの人に、もってこいの噂の民間療法を真剣に試してみた件

未分類

ここ数日の記事でも申し上げているように

先週、ひどい風邪に襲われまして、

でも仕事は休めなくてっていう状況で

ブログをサボっておりました。

病は気からって言うように

やっぱり気の持ちようだと思っているので

ちょっと調子が悪いだけだと思い込んでいましたが

結構ひどい状態だったと周りから言われました。

せっかくの風邪だからこそ…

世界には多くの民間療法があります。

ドイツでは温かいカモミールティーを飲んだり、

ロシアではウォッカにコショウを加えたり、

イタリアではオリーブオイルを飲んだり、うがいに用いたりと

見るからに効果を期待しづらいものばかりですよね。

あと有名欧米圏に共通して存在する対策があるんです。

風邪のときこそコーラ。

このコーラ療法にも複数あり、

冷やさず、常温にしたり

レモンを加えたり、

温めて、ホットコーラにしたり、

さらには生姜を加えたりと

調べたら無限に出てくるんじゃないかと思うほど

存在します。

今回はただただ単純にコカ・コーラを飲むことに徹してみました。

(食生活も少しだけ意識しました。)

早速表題の件ですが

コーラで風邪対策してみて効果を感じたのは

・糖分によるエネルギー摂取

・カフェインやその他のスパイスによる鎮痛効果

・カフェインによる利尿効果

この3つでした。

糖分によるエネルギー摂取

風邪をひいて体がだるい状態は

風邪の原因であるウィルスと抗っている状態であるのは周知の通りですが

やたらと疲労感を感じるのは、エネルギー不足とも言われています。

そりゃ風邪引いてるのに仕事してたら

いつもの仕事+抗体の働き ですから

余計に体力使うに決まってますよね。

その余計につかうエネルギーを補給できてなければ

風邪は長引くのは想像しやすいのではないでしょうか。

コーラはコップ1杯(200cc)に90kcalも含んでいて

食欲がない時でもコーラを飲めばカロリーの補給につながります。

これを利用して

ちょっとずつ飲むことでエネルギー切れを防ぎます。

無駄にカロリーを摂取することは太る原因ですが

使えばいいんです。必要な時にないことのほうがよっぽど大変です。

カフェインやその他のスパイスによる鎮痛効果

コーラにはナツメグやシナモンに加え

コカコーラ秘伝の7Xと言われるスパイスが調合されています。

特にカフェインは頭痛を鎮める効果があり、

これのお陰で仕事に集中することができ、

だるさが柔らぎます。

カフェインによる利尿効果

これは作用反作用、賛否両論あるのですが

カフェインを含んでいるので1〜2時間以内に利尿作用が働きます。

これによって、本来吸収されるべき栄養も排出されるとも

言われていますが、なるべく体が含んでいる水分を入れ替えることの方が

優先事項なんです。尿などの排出でウィルスの死体などを出します。

鼻水とかと一緒ですよね。

ポカリスエットにも似た効果があり、

エネルギーの摂取と、水分の素早く吸収することによって

体内の水分の循環を早めます。

とはいっても体調悪いから食生活を気にしているのに

栄養を排出してしまっては意味がありませんよね。

だからなるべく食後にはコーラは飲まない。

なるべくお茶や水を摂取することで

循環させる水分を体に用意するのがいいでしょう。

私は疲れや空腹を感じたらコーラを飲むくらいにしてました。

とは言っても…

なんでも可摂取は体に負担をかけます。

必要なものを必要な分だけ摂取してあげるのが理想的です。

この実験で私は1日に500mlのコカ・コーラを1本と

600mlのジャスミンティー(無駄におしゃんって言われました。)と

お昼ご飯にうどんを食べる生活を

3日間続けました。

まだ痰が絡んだりはしますが、

仕事に集中できないほど、だるさを感じることはなかったです。

摂取したカフェインの半減期(体内から半分なくなるまでにかかる時間)は4〜6時間と言われています。要するに17時ごろ摂取したコーラのカフェインが23時になっても半分は残っているということです。

定期的にカフェインを摂取したせいか、

帰宅後、自炊できるくらいの体力の余裕がありました。

夜は効率よく吸収するので、

魚や肉や豆などでタンパク質を、

緑黄色野菜でビタミンAを、

フルーツでビタミンCを意識的に摂取すること

日中、とくに仕事中では補えない栄養を補給する、

これに勝る対処法はないでしょう。

しかし、仕事をしながら風邪を治すとなると

簡単にかつ、負担をかけずに行えるのは

コーラ療法じゃないかと思います。

寒暖差も激しいので

雨のせいもありますが、ここ最近は日中との寒暖差が激しい日が続いています。

咳き込んでいたり、鼻をすすっていたりする人を多く見かけます。

働くにも自分の体という資本がなければ働けませんよね。

仕事も大切ですが自分の体もなるべく気を使ってあげましょう。

まさかその方法がコーラに頼るなんていう荒技だとは予想もつかないでしょうが。

中盤でも述べましたが

コーラの効能、作用反作用には賛否両論あります。

あくまで効果が期待できる程度です。

食事も然りですが、プラシーボ効果も大いに影響あると思います。

しかし、プラシーボ効果こそ安上がりで手っ取り早いものはないと思うので

ぜひ試してみてください!

体を冷やさないように常温のコーラがおすすめです。

今日はこの辺で。


未分類
abhhcをフォローする
スポンサーリンク
Bite the Cane

コメント