消しゴムではない、字消しだ!地味に主張が強い高級品

モノ選び

お疲れ様です。

今日も今日とて

文房具を紹介する

佐藤です。

私自身、使ったことないのですが

今までに何人のプレゼントに

採用してきたかわからない

とある消しゴムがあります。

早速表題の件ですが

高級消しゴム。いや、言い直します。

高級字消し。

img_0903

SEED SUPER GOLDです。

これ、1個 税抜 500円。

へぇ。そんなもんかって思われますよね。

でも有名なMONOやまとまるくんでさえ

130円くらいなのに

この消しゴムは500円。

正直、中身と素材をしると

一周まわって、

「まぁ、こんなもんか。」

って感じがします。

ゴールドのスリーブがかっこいい。

img_0904

ふたを開けると

消しゴム本体の印刷も、

スリーブ(消しゴムの持ち手)も

そして紙製の黒いパッケージも

金色の箔押し、

すべてにおいて高級感。

かっこいいんです。

じつは、中身はこれだけじゃないんです。

説明書付き。

img_0907

佐藤が愛して止まない

文房具の説明書。

「いや、使い方わかりますよ。」

っていうモノについている説明書ほど

自分のロマンを語り明かしてくれる

モノはないんです。

あえて、書きたかった、

知ってほしいことが

書かれているわけですから。

字消しの原点でもある天然ゴムの

配合生地を使用し

そうなんです。

天然ゴムつまり、

ゴムの木から獲た素材を

使っているんです。

通常の消しゴムは

別名プラスチック消しゴムと

言われています。

ゴムもプラスチックも樹脂製品ですから、

似たような特性をもっているんですね。

もちろんプラスチックの方が安いです。

しかし、天然ゴムの方が柔らかく、

消し心地がいいんです。

これが高級な理由。

ロゴについて

壺ガラスという絵を用いています。

頭の良い動物だと言われているカラスが

壺の中の水を水量を上げて飲むために

小石を何度も投げ入れたというイソップの

逸話をモチーフにしたブランドマークです。

シードのもの作りにおいて、小さな知恵と努力の

積み重ねが重要であるという教訓として

受け継がれています。

出ました。

童謡からテーマを得るパターン。

歴史と正統性がかっこよすぎますよね。

たまらんです。

こんなこと、知る必要ある?

でも知ったら知ったで

見る目変わるでしょ?笑

この500円の消しゴム、

すでに500円の感じ方が

違っているんではないでしょうか。

価値を知るって面白いものですね。

 

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って思いましたら

ぜひSNSで共有お願いします!

今日はこの辺で!


コメント