【文紙メッセ2019】サクラクラフトラボ003に一目惚れ。最重量と最軽量を体感セヨ

モノ選び

お疲れ様です。

違いがわかる人ってかっこいいんですよね。

このブログでも、モンスターエナジーの違いや
http://bitethecane.com/archives/367

えんぴつの芯の濃淡について
http://bitethecane.com/archives/1148

などなど、違いを知るための記事を好んで書いています。

今回は、文章や画像では違いがわからない

【重さ】に関する記事を書いていきます!

サクラ クラフト ラボ003

img_2007

すこし短めで太めなボールペン

SAKURA craft labの003です!

左の金色が真鍮製で55グラム

右が銀色がアルミ製で30グラム

その差は25グラム。

日常生活で25グラムの差なんてわからないですよね。

ペンの重さなんて気にしたこともないので

自分が重い方が好きなのか、軽い方が好きなのかさえ

わからないと思います。

この2本のペンを実際に持ってみると

25グラムの差に感動します。

形状と特徴

まるで太めの精密ドライバーのよう。

時計の修理をしているせいか

ヘッドスクリュータイプの精密ドライバーにしか見えないんですよね。

このタイプのドライバーは普段使っているので

妙に親近感というか、親しみがあって嬉しい。

img_2010

これが今回文紙メッセで展示されていたディスプレイです。

一番左の岩に突き刺さっているのが

今回紹介しますサクラ クラフトラボ003です。

右の004に比べても太いですよね。

ちなみに、004シリーズは3色ボールペンなんです。

より3色ボールペンよりも太い1色ボールペン。

なんて贅沢なんでしょう。

0.8mmの水性ゲルインキ

img_2009

すこし粘り気のある水性インクを用いています。

リフィルはクラフトラボ専用のものを用いていますので

インク交換する際は気を付けて下さi.

0.8mmのボールペンってなかなか選ばないですよね。

私も初めて書いてみました。

粘り気のあるゲルと太めの0.8mmの組み合わせは

どんどん書きたくなるような書き心地。

「ヌルヌルん ヌルーん!」って感じ。

ボールペンは普段使わないのですが

この003なら普段使いしてもいいかもって思っちゃいました。

クリップのないシンプルな形

<画像引用:SAKURA craft_lab HPより>

まったく引っかかるものがなく、

どこを持っても、持ち心地は同じ。

クリップが手にあたるポイントがない!

ペン先は反対側の頭冠をひねるだけ。

このひねり具合もすこし重めスムーズで

高級感あり。

正直、久しぶりにボールペン買っちゃおうかなって

思っちゃいました。

25グラム差がえぐい。

冒頭でもご紹介したように

真鍮とアルミでは本体重量が25グラム違います。

私は昔から真鍮を好むせいか

重いモノの方が好きで今回も

それの例外ではありませんでした。

重さと粘り気のあるゲルインキと、

太めの0.8mmのペン先があいまって

「書いてる!」っていう感触がしっかりします。

ペン全体に重厚感があるため

ペン先だけが重いタイプより安定感はないです。

通常のペンよりも本体は短いので

手に重心がのしかかる感覚は

唯一無二です。

一方、アルミの30グラムの方は

新感覚です。

正直、見た目だけでは重そうに見えます。

太く短い本体の見た目は想像を絶するほど軽く感じます。

とはいっても金属製ですから、と思い手に取ってみると

「あ、軽い」って呟いてしまいます。

真鍮からアルミに持ち変えると

25グラムの違いをより感じます。

太くて軽く、粘り気のある0.8mmのペンの書き心地は

初めての感覚です。

軽いせいか、ボールペンを握る握力と

紙に押し付ける筆圧を特に感じます。

「お、力入ってるなー」

これは万年筆では感じない感覚なので

書いてて楽しかったです。

いかがでしたでしょうか!

サクラ クラフトラボの展示ブース自体がかっこよく

クラフトラボシリーズがすべてオブジェに並べられていて

渋いブランドイメージを体現していました。

img_2015

公式ホームページもぜひ見てみてください!

新しい懐かしい、をつくる

このオクシモロンがめちゃくちゃいい。

使われている画像が1つ1つかっこよくて

「文房具ってこんなにかっこよく写せるんだな」って感心しちゃいました。

海外有名ブランドでもないのに高価なのでちょっと

食わず嫌いしてたのが本音ですが

文紙メッセ行って見る目が180度変わりました。

「めっちゃええ。」

これ、プレゼントでも貰ったらめちゃんこ嬉しい

シリーズです。

ぜひ皆さんも大型書店、文具専門店で

手に取って見てみてください。

その際はかならず、真鍮製の重い方から手に取ってくださいね!

25グラムの重さの違いがわかる人になってください!笑

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!


コメント