【SEIKO MODS】セイコー5の品番・ムーブメント・構造まとめ。

スポンサーリンク
モノ選び

お疲れ様です。

ここ2週間ほど、時計に関する

過去記事が結構人気で、本当にうれしいです!

マニアック過ぎたかな?って思ってたので

意外過ぎました。

スポンサーリンク

早速表題の件ですが

・品番の種類
・ムーブメントとテクニカルガイド
・よく外すパーツの英語名

これらについてまとめていきます!

腕時計を改造しよう!佐藤がハマっているSeiko Modとは!
お疲れ様です。またブログを毎日更新できる日々が戻ってまいりました。地味に嬉しいし楽しい。仕事は忙しいままですけどね。早速表題の件ですがまずはこれを見てください。「セイコーの時計じゃん」って思われると思いますがじつ...

品番の種類

セイコーは品番の見分け方を公表していないので

私の知る限りでの共通法則です。

セイコー5の品番は

・シリーズ
・色
・生産国
・バンド(ベルト)種類

4つ項目に分けることができます。

具体例を用いて説明していきます。


[セイコーインポート] 腕時計 セイコーimport SEIKO 5 SPORTS(セイコー ファイブ スポーツ) オートマチック デイデイト SNZG17JC 逆輸入品 ブラック

この時計はseiko5 SPORTSのミリタリーウォッチです。

セイコー5には珍しい黒メッキの渋かっこいいモデルです。

この時計の品番SNZG17JCは

seiko5 sno.

このように分けられます。

シリーズ

シリーズに関してはめちゃくちゃ種類が多いので

好きなシリーズだけは覚えておくとお店で探すときに便利です。

今回は特徴的なシリーズだけ紹介しておきます。

リューズが4時位置…SNK SKX など

レディース…SYMA SYMB,SYMD,SYMK など

手巻き機能つき…SRP SRPA SRPB SRPC など

ちなみに、シリーズ名が4文字のうち、

後ろ2文字がスタイル名になっていたり、

手巻き機能付きのSRPシリーズのように

最期の1文字がA,B,C,Dとアルファベット順になっているものもあります。
この場合は、文字盤の装飾などによるランク分けがなされているのだと思います。

定かではありませんがね。

SEIKO5だけが海外モデルじゃない!コスパ最強SRPシリーズがお買い得!
お疲れ様です。私自身、ハイブランドってあんまり興味なくて普段身に着けるモノなら売価30000円以内でなんとかなるって思ってます。普段身に着けるモノであればですよ?そんな普段使いとスペックと値段を考慮しておすすめな機械...

色番号は比較的簡単です。

たとえば先ほどのSNZG17JCの色違いを調べよるのであれば

色番号に2ずつ足したり引いたりして検索してみてください。

たとえば色番号を-2したSNZG15と検索すると

[セイコーインポート] 腕時計 セイコーimport SNZG15JC 逆輸入品 ブラック

SNZG17JCと同じ黒文字盤で

・艶消しのシルバーのケース
・ナイロンベルト

この組み合わせの色違いが出てきます。

さらにSNZG15から-2してSNZG13で検索すると


[セイコー] SEIKO 5 スポーツ 腕時計 自動巻き メカニカル 海外モデル 日本製 SNZG13J1 メンズ [逆輸入品]

SNZG17JCと同じ、黒文字盤に

・ツヤありシルバーのケース
・メタルバンド

の組み合わせ。

SNZG09で検索すると


[セイコー] Seiko 5 Sport Automatic Khaki Dial Mens Watch SNZG09K1 [並行輸入品]

カーキ色の色違いが出てきます。

奇数続きや、偶数続きで検索していっても

色違いが出てこない場合は、連番で品番登録してあることもあるので

「なんか他にも良さげな色違いないかなー?」

って調べてみてください!

結構楽しいですよ!

腕時計の改造に必要な道具7選!色違いの時計を買えばオリジナルの組み合わせができる!
お疲れ様です。最近、セイコーのダイバーウォッチの改造をよく依頼される今日この頃の佐藤です。さすがに、バイト先で依頼されると具合がわるい。早速表題の件ですがバイト先のお客様にぜひ部品交換してオリジナルのセイコーの時計を作り...

生産国

3つ目の項目です。

これは2つしかありません。
Jであればmade in Japanつまり日本製です。
Kであれば海外製です。

私の所属する時計屋さんでは

日本製をJ品番

海外性をK品番と呼んでいます。

海外のどこで生産されているかまではわからないんです。

一説によると、

日本製でも海外製でも性能や品質はかわらず、

中東アジアの富裕層向けにJ品番をを作っているとのこと。

さらには中東アジアの法律にしたがえば、

生産国表示は、メーカーの本拠地を示すため、

セイコーが手掛けた時計なら、

中国で作ろうが、アジアの国で組み立てようが

すべてmade in Japanという表記になるのだとか。

ブラックボーイの海外製と日本製の違いについてはこちらをご覧ください。

ブラックボーイ(SKX007)の日本製と海外製を徹底比較!実は見た目も違った。
お疲れ様です。最近、また時計熱が高まっております。今回は時計本体にではなく、時計修理の技術の方で高まってます。ロルバーンのレポート用紙も買ったことだしどんどん勉強しようと思っていた矢先のことでした。SEIKO 5...

バンド種類

バンドの種類は曖昧で

メタルバンドの品番がない時計もあります。

海外製と日本製それぞれに
1,2,Cの数字とアルファベットを用いてあらわします。

海外製:K1,K2,KC
日本製:J,J1,J2,JC

ケースと文字盤の組み合わせは気に入ってて

バンドだけ気に入らなければ

この6通りで検索してみてください。

ムーブメントとテクニカルガイド

セイコー5で使われているムーブメントは

・7Sシリーズ
・4Rシリーズ
・4200シリーズ

この3つです。

先ほどの品番の中のシリーズ名で

おおよそのムーブメントの予想ができます。

ムーブメントのサイズや性能が違えば

もちろん構造やパーツ構成も異なります。

それぞれにテクニカルガイドと呼ばれる

解体と組立方法とパーツリストのリストが存在します。

私のブログでも何度か用いているこの画像です。

あくまで技術者用の書類なので見てもさっぱりですが

時計業界にいれば、オーバーホール中になくしたパーツや

破損していたパーツ単体をオーダーすることもできます。

この書類をみているだけでワクワクします。

そのテキストの手に入れ方は

メーカーによって異なりますが

「ムーブメント番号 technical guide」

と検索すると出てくることが多いです。

特にセイコーはめんどくさく、

同じスペック、構造でも

セイコー以外の時計に搭載するムーブメントと

セイコーの時計に搭載するムーブメントで

キャリバー(ムーブメント番号)を変えています。

自社用のセイコームーブメントと

外販用のSIIムーブメントで分けてあります。

全ての種類のセイコームーブメントが

SIIから販売されているわけではありません。

セイコーでしか取り扱っているムーブメントは

セイコーのキャリバーでテクニカルガイドが手に入りますが

SIIからも販売されている品番だと、セイコーのキャリバーで検索しても

テクニカルガイドが手に入りません。

サイズ、スペック、石の数からどのSIIのキャリバーが

セイコーのキャリバーと一致するのかを探し出してから

テクニカルガイドを探す必要があります。

また厄介なことに、

SIIは英語もしくは中国語でしか公式サイトを公表していません。

Home | Quality Watch Movement | TMI | TIME MODULE | JAPAN MOVEMENT
Quality watch movement | Mechanical Movement | Quartz Movement | Chronograph Movement | Multi-Eye Movement | Sweep Second Movement | Slim Movement | Standard Mo...

さすがにセイコーとSIIのキャリバーを一致させる作業は

初心者には難しすぎます。

セイコー5で使われているキャリバーのテクニカルガイドは

各ムーブメントの説明部に添付します。

ぜひご活用ください。

7Sシリーズ

セイコーシリーズの8割くらいの時計が

この7Sシリーズのムーブメントが使われています。

7S26と7s36の2種類があり

この2つのムーブメントに共通するのは

・センター3針
・デイデイト
・パワーリザーブ40時間
・自動巻き
・手巻きなし
・セコンドハックなし…時刻調節時でも秒針は動きっぱなし
・21600振動…時間を測れても約6分の1秒までしかわからない
・日差-20 ~ +40秒

サイズや性能は全く一緒です。
ただ歯車の軸に使われている鉱石(人口サファイヤ)使われている
7S26は21石
7S36は23石

サイズや性能は全く一緒です。

もっと細かいことをいうと

少し古いセイコー5だと
7S26には
7S26Bと7S26Cが存在し

7S36には
7S36Bと7S36Cの合計4種類が存在します。

これらはBの方に使われていたパーツが廃番になり

新しいパーツでくみ上げられたのがCのムーブメントです。

22種類ものパーツが入れ替わり、

それぞれのパーツに互換性がありません。

骨董市などで古いセイコー5を買ってきて

自分でオーバーホールして使う際は

このBとCに気を付けて

改造を行ってください。

そこまでの改造は高度過ぎますね。

7S26,7S36用テクニカルガイド

7Sシリーズはセイコーのみ取り扱いがありますので

7S26,7S36専用のテクニカルガイドが存在します。

おそらくSIIからは販売されていないのでしょう。

たしかに、手巻き機能がない自動巻きなんて

セイコー5以外で見たことないですからね。

http://bitethecane.com/wp/wp-content/uploads/2019/10/NH36-technical.pdf

【SEIKO MODS】7S36・7S26のゼンマイの解き方。時計が動いたままじゃ、針も交換できない。
お疲れ様です。セイコー5の記事はどんどん閲覧数が増えてきていて非常に励みになっております佐藤です。私もまだまだ時計修理初心者なので参考にしているブログなどもたくさんありますが初心者の目線でどこのサイトよりもわかりやす...

4Rシリーズ

2010年に登場した新型ムーブメントがこの4Rシリーズです。

このムーブメントが搭載しているセイコー5

ロゴのSEIKO 5 SPORTSの

「SPORTS」の部分が赤字になっています。

今までのセイコー5だと、必ずデイデイト

日付と曜日表示だったのですが

この4Rシリーズのセイコー5には

稀にデイト機能、つまり日付のみの表示のモノが存在します。


(セイコー) Seiko neo sports SRPB91K1 男性用 自動巻き 時計 [並行輸入品]

ご覧のようにSPORTSの部分が赤いんです。

このロゴの時計は日付しか表記がありません。

以上のようにセイコー5定番のデイデイトに加えて

新たにデイトの時計も存在ことから

4Rシリーズのムーブメントには

機能別で5種類存在します。

3針(時針,分針,秒針)は全てに共通し

3針のみ
3針,デイト(日付のみ)
3針,デイデイト(日付,曜日表示)
3針,デイト,24時間計
3針,24時間計

これらをしっかりと見極めて時計の改造に挑まないといけません。

4Rシリーズのムーブメントは

・センター3針
・パワーリザーブ41時間
・自動巻き
・手巻き
・セコンドハック…時刻調節時に秒針も止まる
・21600振動…時間を測れても約6分の1秒までしかわからない
・日差-20 ~ +40秒
・24石

セイコー5で使われている4Rシリーズのムーブメントは

・3針,デイト
・3針,デイデイト
この2種類です。

3針,デイトのキャリバーは
セイコー:4R35
SII:NH35

3針,デイデイトのキャリバーは
セイコー:4R36
SII:NH36

デイトしかない時計にデイデイトのムーブメントを載せるのは問題ないですが

デイデイトの時計にデイトだけのムーブメントを載せると

文字盤に空白の窓が空いてしまいます。

ご注意ください。

4Rシリーズ,NH3*シリーズ専用テクニカルガイド

仕様一覧をみると

4Rシリーズと7Sシリーズのムーブメントは

同じスペーサーを使っているっぽい?ので

本体の直径は同じです。

厚みも0.42mm厚いだけなので

大体の時計で入れ替えが可能のようです。

正直、SEIKO MODSの世界でも

ムーブメントを入れ替える例は数少なく

互換性が完全にあるとは言い切れません。

しかし、ボーイシリーズのSKXとSNKシリーズには

搭載できるようです。

また今度挑戦してみます。

4200シリーズ

セイコー5のレディースの時計に搭載されていることが多いです。

レディースのSEIKO MODSは一切見たことないですが

基本的にはメンズの時計と同じことができるでしょう。

4200シリーズのムーブメントは
・三針
・手巻き
・自動巻き
・21600振動
・21石
・日差―35~55秒
・パワーリザーブ40時間

あまりいじったことがないので、詳しくはありません。

あと、小さいムーブメントはできるだけ触りたくないんですよね。笑

4200シリーズ専用テクニカルガイド

直径が小さい分、すこし厚みがあるので

他の時計に汎用させるのも難しそうです。

レディースのセイコー5の改造をしてほしい!っていう

マニアックな女性ファンがいらっしゃいましたら

ぜひ私に施行させてください。

よく外すパーツの英語名

SEIKO MODSで針と文字盤を入れ替える際の詳細手順は、

またの機会に紹介します。

テクニカルガイドも手に入れ、いじりたくて仕方がないと思いますが

テクニカルガイドは英語が読めないと、正直何がなんだかわかりません。

ざっくりと手順と外すパーツを紹介します。

①裏蓋をあける

②ローターを外す

③丸穴車を外す(マジックレバーから解放する)

④こはぜと角穴車を制御しながら、香箱を解いていく

⑤オシドリを押して、竜頭〈巻き真〉を抜く

⑥針をとる

⑦文字盤を外す

これらのパーツがどこにあり、

どのように解体・組立をするか

テクニカルガイドで確認しながら

改造しなければなりません。

この手順の説明で用いたパーツの英語名を

まとめておきます。

文字盤 dial
時針 hour hand
分針 minute hand
秒針 second hand
裏蓋 back cover
竜頭 crown
角穴車 rachet wheel
丸穴車 second reduction wheel
コハゼ click
オシドリ setting lever
巻き真 winding stem
ローター oscillating weight
マジックレバー pawl lever

もちろんながら

ムーブメントが違えば、パーツの外す順番も違ってきます。

かならず、テクニカルガイドで確認してから

改造を行ってください。

行き当たりばったりに弄らないための

この記事を書いてますから。

いかがでしたでしょうか。

時計修理に関するブログさえ少ないのに

時計の改造の記事なんてもっと少ないんです。

正直、修理士でもSEIKO MODを知らない人はいくらでもいます。

針を入れ替えるなんていう概念すらない世界なので

意外とわからないことだらけなんです。

おそらく、セイコー5のムーブメントや改造に必要な情報を

ここまで日本語でまとめてある記事はなかなかないはずです。

ぜひぜひ、新しい感覚を感じたら

SNSでシェアお願いします。

この記事を読んで

「へぇーこんなものあるんだー。」

って感じましたら

ぜひSNSでシェアお願いします!

ブログのツイッターアカウントつくりました!

@bitethecane

更新通知にもなりますので

ぜひフォローしてください!

泣いて喜びます。

今日はこの辺で!


コメント